シンクロニシティならアーリーリタイヤも夢ではない!

シンクロニシティならアーリーリタイヤも夢ではない!

最近よく「アーリーリタイヤ」という言葉を耳にすることがありませんか?

海外でもアーリーリタイヤの動きは高まっており、若者の関心を集めているようです。

◆シンクロニシティ公式HP◆

アーリーリタイヤとはどういうこと?

通常就職すると定年まで働くというのがこれまでの考え方でしたよね。

それとは反して「アーリーリタイア」とは、定年を待たずに早期に退職することです!

中には30代、40代からアーリーリタイアを考え始める人もいるようですが、資金面を考えると実現するのはハードルが高いと言えます。

また、アーリーリタイヤと似たような言葉で、セミリタイアという言葉があります。

セミリタイアとは、定年前に退職し、自由な時間を過ごしながらアルバイトなどで収入を得る生活のことです。

アーリーリタイア(早期リタイア)とセミリタイアとの大きな違いは、退職後に働くか否かということになりますね。

アーリーリタイヤの流行っている背景

これは1つの要因に過ぎませんが、老後2000万円問題が関係していると考えれています。

老後2000万円問題とは、高齢者夫婦無職世帯の平均的な家計収支が元にされており、実収入が209,198円に対し、実支出が263,718円となっています。

したがって、毎月54,520円が不足し、たとえば老後を30年間と想定して計算すると、約2,000万円を貯蓄等から取り崩す必要があります。

もちろんこの金額には人によって変わってきますが、老後30年の生活を見越して、働き盛りの20代-30代で稼ぎ、資産運用などを活用してリタイアを早めたいと考える人が増えているようです。

アーリーリタイヤのメリット

では次にアーリーリタイヤをすることで人生にどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

自由な毎日

やはり早期リタイアの最大のメリットは、毎日決められた時間に決められた仕事をする生活から抜け出せることですよね。

他人に自由を束縛されず、いつでも自分の思うままに過ごす、そんな人生が手に入れることができます。

嫌な上司や取引先に頭を下げる必要もなく、ノルマや責任を背負うストレスからも解放され、趣味に没頭しながら一年中自由な日々を過ごすことができます。

体力のあるうちにやりたいことができる

定年を迎えて退職すれば誰でも自由な時間を得ることができますが、高齢になり体力が衰えてからリタイアしても、やりたいことができないということも考えれます。

老老介護という言葉があるように、自分が高齢になったとき、親の介護が必要になることもありますよね。

若く健康でいられるうちにリタイアする方が、運動やスポーツをより楽しめ、やりたいことにチャレンジしやすいと言えます。

家族との時間が増える

もし仕事で忙しい日々を送っている人は、家族と過ごす時間に充てることも可能ですね。

やはり子供のいる家庭であれば、お金があっても家族と過ごす時間が無ければ幸せとは言えません。

親と過ごす時間が長い方がそうでない家庭よりも子供の健康状態が良好になるとの結果も出ているようです。

自分だけでなく、家族や子供のためを考えても、若いうちの早期リタイアはメリットが大きいといえるでしょう。

アーリーリタイヤのデメリット

もちろんメリットばかりというわけではありませんので、デメリットについてもみていきましょう。

資金不足になる

アーリーリタイアでよくある失敗談が生活資金が底をついてしまうことです。

もちろん、生活に困ることがないよう若いうちから資産を形成して早期リタイアに踏み切るわけですが、一般的な60歳で退職する人よりも労働収入を得られない期間が長くなるため、途中で資金が底をつく可能性は高くなりますよね。

生活資金を多く見積もっていても、医療費や住宅資金など急な出費が重なる場合もありますし、計画通りにいかないリスクもあります。

インフレに影響を受ける

将来インフレになり、需要が供給を上回り物価の上昇が起こる可能性も考えられます。

その場合、物価上昇の影響で相対的に日本円の価値が下がり、モノの値段が上がり支出が増えることで生活を圧迫していまいますよね。

インフレや円安は個人の力で食い止めることはできないので、日頃からインフレの影響も視野に入れて将来のことについて考える必要があります。

社会的信用がなくなる

アーリーリタイヤをすると、例えどれだけ多くの資産があったとしても肩書としては「無職」になってしまいます。

ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする際の審査が通りにくくなり、不便が生じてしまいます。

大きい買い物はリタイアする前に済ませておくのが鉄則です。

収入不足をカバーするために再就職を考える人も中にはいますが、50歳以上の高齢になってから働き口を探すのは困難です。

リタイア後も社会的信用を維持したい場合は、投資家として個人事業主の届けを出しておくなどの手段があります。

そういった意味でもFXで投資をするという手段は、アーリーリタイヤにも適していると言えますね。

◆シンクロニシティ公式HP◆
TOPページを見る