コロナ時代の定番、転売ヤー

コロナ時代の定番、転売ヤー

副業のスタンダードとして多くの人が取り組んでいる事の一つに転売ヤーというようなものもあります。

最近はネットショッピングを利用する人が昔に比べて圧倒的に増えているのでせどりや転売を始める人も増加しているのでしょう。

正直転売ヤーとしてかなりの稼ぎを生み出しているという人もいるでしょう。

ただ私としてはそれでもフリーランスの方に軍配があがるのです。

どういう事なのか、まずは転売ヤーといったビジネスについて知るところから考えてみたいと思います。

転売ヤーとは

転売ヤーとは、ある物品を購入して、高額で転売する事によってその差額を利益として手に入れるという事をお仕事としてやっている人の事です。

ただ転売という事自体は歴史のあるものではあります。

転売ヤーと合わせてせどりという言葉も聞かれますが、もともとの事を言うと、古書の転売行為の事をせどりと呼んでいたのですが、現在ではその他の物品転売もせどりと呼んでいるようです。

転売ヤーの基本はいかに商品を安く仕入れて、いかに高値で売るかという事。

もちろん最初の資金も必要にはなりますが、安価なものから始めれば負担もすくなくすぐに始める事が出来るというのもポイント。

しかし注意点ももちろんあります。

転売ヤーは自分の言い値で価格設定が出来るので1点についても結構な利益を出す事も出来ますが、この値段設定を失敗すると商品がなかなか売れずに、在庫をたくさん抱えてしまいます。

こうなってくると、在庫を管理するスペースなんかも必要になってきますので、スペースの確保という点にも気を配る必要があります。

また、私自身あまり転売ヤーというものに良い印象はなく、それを象徴するかのように転売行為に対してのモラルについて問われる場面もよく見受けられます。

もしこれから転売ヤーを始めようと思う場合にはそういった点も加味して考えなければいけないと言えるでしょう。

せどりや転売ヤーとの比較

転売ヤーとFX運用とを比較すると、稼げる金額は圧倒的にフリーランスの方が多いと言って過言はないと思っています。

もちろん転売ヤーの方でも上手くいけば同様の利益を出す事も出来るかもしれませんが、よほどのブランド品をうまく扱えないと難しいと思っています。

さらに言えば、今市場で何が求められていて、価格設定はどうするのか、在庫を確保するスペースはどうするのか、などと色々な事を考えなければいけません。

だけどフリーランスの利用は何も考えずにスマホだけで操作出来るという手軽さがあります。

オススメはなに?

個人的な見解として言わせてもらえば、転売ヤーとしてのメリットは私には感じられません。

こんな事を言ってしまうと失礼にあたるかもしれませんが、手軽さでも、売り上げの多さでも、どの点を比べてみてもフリーランスを利用している方が圧倒的だと思います。

副業を考えているならやはりフリーランスを利用するべきという事だと思います。

TOPページを見る